スギヨファームとは

命をつなぐ、食を守りつづけたい。

地元の人たちが昔から守りつづけてきた里山で、私たちスギヨファームは地域農業の振興を図りたいと、2007年春、石川県内の企業農業参入第一号としてスタートしました。

スギヨファームが目指す農業は、里山の自然環境を保全しながら、体にもやさしい野菜づくりをすること。農薬や化学肥料をできるだけ使わずに愛情込めて野菜を育て、加工や販売もすべて自分たちの手でおこなっています。 私たちは「命をつなぐ食を守る」という使命に誇りを持ち、能登から消費者のみなさまへ安全・安心な食べものを直接お届けしています。そして、農業を通じて、自然の恵み豊かで、すぐれた食糧生産基盤でもある能登の里山農地を次の世代へ大切に引き継いでいきたいと願っています。

世界農業遺産とは

■世界農業遺産に認定される「能登の里山里海」

2011年6月、石川県能登地方の4市4町に広がる「能登の里山里海」が新潟県佐渡市とともに、国内初の世界農業遺産(GIAHS)に認定されました。世界農業遺産とは、伝統的な農業とそれに関わる文化、景観、生物多様性に富んだ世界的に重要な地域を保全・伝承することを目的に、国際連合食糧農業機関(FAO)が創設した制度です。2002年に始まったこの制度で、先進国の地域から認定されるのは初めてのことです。これを機に、スギヨファームでも農業を通じた「能登の里山里海」の保全に一層努力してまいります。

  • スギヨファームの想い
  • スギヨファームの野菜職人